I love dogs!

犬のしつけで気をつけたいのは…。

利口なトイプードルなので、飼い育てる時の苦労などの話は目だってありません。子犬の時期からのトイレとか、他のしつけなども、無理なくやってしまうのではないでしょうか。
定期的な散歩、ご飯の時間、犬がエンジョイする時間などはご褒美なのですから、それらのイベントの時間より先にしつけのトイレ練習を試すのもいいでしょうね。
時折、トイレで排泄することに関わる病気ではないか、動物病院に診察してもらうなどして面倒をみることも必要だと考えます。健康管理は犬のしつけ行為の一番大事なことだと思います。
第一に、散歩中の拾い食いが元で犬の健康が脅かされることがあっては悲しいので、努めてペットとの散歩中のしつけを実践するのが大事でしょう。
リーダーウォークとは、犬との散歩に関わったしつけ方法というよりも、主人と犬の上下関係をつくるための一種のバトルになります。従って、焦るなどしては良い結果が出ません。

チワワと飼い主が共に生きていくには、社会性をある程度身に付けないとならないのです。ということは、小さな子犬の時からしつけるよう努めないと駄目だと思います。
ふつう、トイプードルは犬の中でもトップクラスで頭が良く、朗らかな性格です。主人に従順で人間にもなじみやすく感性が鋭敏で、良い反応力を持っているので、しつけをすると確かに身につくでしょう。
犬のしつけで気をつけたいのは、しつけのプロセスや、しつけの順序を間違えない事です。トイレのしつけだろうと、この点は一緒のことなんです。
基本的に、ただ好き勝手にさせず、若いうちにしっかりとしつけをしておくと、世の中、柴犬くらい飼い主に従う犬は存在しない、と言っていいくらい命令に従ってくれます。
仮にみなさんがトイレとは異なるしつけで褒美などを与えているならば、トイレのしつけトレーニングがある程度できるまでしばらくの間はご褒美を与えることはしないでほしいです。

もしも犬が痛くて鳴いてしまうのは、相当な事です。もしも、犬が無駄吠えをする発端がケガのせいだと見受けられる場合は、近くの専門家に診てもらうことをお勧めします。
しっかりとしつけしていないと、自分ちだと静かにしている犬であっても、友だちなどの家に行った際などに、矯正されていた無駄吠えが再び現れる事態さえあるようです。
散歩に関するしつけのトラブルというのは、大別して2つですが、原因については、共に上下関係づくりの失敗という視点にある程度関係しているとみられます。
愛犬の無駄吠えについては、文字通り吠えるべきと和思われない状況に吠える、主人にとっては吠えたら困る時でも吠える行動なので、是非矯正させたいでしょう。
頭の良さが魅力の1つのトイプードルであって、飼育の大した問題はないのではないでしょうか。子犬のトイレトレーニング、基本的なしつけも、問題なく覚えると思います。